上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
きのう近所の郵便局からEMSで日本へ荷物を送りました。
なんと10Kg 予定では5Kgぐらいだったのですが
書籍ばかりのこの荷物は楽々10Kg越えでした。
送料w39,000- 

郵便局まで友達が一緒に運んでくれました。
(一人だったら大変だったろうなー)
その友達は今日、一足早く日本へ帰国。
いままでありがとう。

そして、今日AMに郵便局から携帯にショートメールが入りました。
「仁川空港へ荷物が送られました」
PMには「日本へ荷物が到着しました」
さっそく、郵政公社のEMS追跡検索で見てみたら
土日なので、「通関待ち」となっていました。

伝票の送り主電話番号欄に
韓国の携帯番号を書いておくと、ショートメールが届きます。

EMSの準備方法
1.郵便局からEMSの伝票を事前にもらってくる。
   英語や韓国語が得意な方は平気です。
   苦手な方は英文で書く欄があるので、
   あらかじめ用意してじっくり考えた方がいいでしょう。

2.伝票の記入
  日本宛の住所は日本語でOK。こちらの住所は韓国語か英語
  内容物は正しく書いたほうが通関が早いそうです。
  私の場合は 「本、服」だけしか入れてなかったので楽でした。
  金額は私物なので大体の金額を書きました。
  それぞれの重さは書きません。

3.段ボール箱
   お店からもらってきてもいいです。
   でも私の場合は郵便局から購入しました。
   やっぱりしっかりした規定サイズの箱が欲しかったので。
   4号サイズ W550-


伝票見本は帰国後掲載します。

スポンサーサイト
2007.09.08 Sat l 10週目 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。